食用菌と癌の免疫治療法

食用菌と癌の免疫治療法


悪性腫瘍である癌は人類の健康を危害する多発病で、癌が怖いのはその自体が多くの生物学的特長を持っているからである。自主性、侵襲性、転移性、異常分化?接触制御を失う等の多くの特徴の中で危害が最も大きいのは侵襲性と転移性である。即ち癌細胞が血液やリンパ流により他の部位や器官に移され、そこで生存し繁殖を続け、元の腫瘍と同類の腫瘍を継続発展させていく全過程である。この場合、臨床で腫瘍の侵襲的な移転行為が現れた場合、一般的な手術治療?放射線治療又は化学治療では全治の効果までには期待できない。しかも?現在癌の治療に関してまだ特効の治療法がない。そのため、患者は癌だと診断されると恐怖又は悲観的な気分になってしまう。毎年世界的に10億ドルの資金を使って癌に対する研究を続けているが、その効果は非常に少なく、人々は癌の話題になると顔色が変ってしまう。
現在多くの専門家は体内の免疫力の活性化に注目し、人体自身の防御能力を強める事を重要視している。研究によると、体内の癌に対する免疫力が著しく低下し又は喪失した時に、癌細胞は忍び込んでくるのである。もし、最初の癌細胞が発生するときから癌の予防を始めれば、100%の効果が得られる。このため、人々は体内の免疫力を高め、癌細胞の生長を制御すると同時に副作用のないものに着目し、癌の治療と予防の効果があって、体内の免疫力の強化により、癌の完全治療を目指している。この様な状況のもとで、科学者達は二つの研究方向を提出した。その一つは抗体ロケットと言われるもの、もう一つは食用菌である。何十年間漢方医学と西洋医学両方の医学者達は現代科学を用いて菌類について研究を続け、その中から抗腫瘍、抗高血圧に特殊功能のあるものを発見した。現在、すでにマイタケ、シイタケ、万年茸、アガリスク、カワラ茸、ヤマブシ茸、トウチュウカソウ?ブクリョウ、平茸等多種類の食用菌には抗癌作用があることが発見された。当社は十年以上の製造経験を経て、現代バイオ技術を利用して食用菌の中から最大限の活性成分を抽出し、且つ、食用菌が持っている栄養成分をそのまま保持する事で?製品は日増しに海外専門家の注目を得ている。現在?当社は海外との合作で一部の製品はアメリカのFDA検査に合格した。食用菌が人類の健康、人類の命の質を高める面で更なる貢献をする日が間もなく訪れることを固く信じている。


    
 
 
 浙江庆元县金源真菌多糖制品有限公司版权所有
 公司地址:浙江省庆元县松源镇菇源路132号 公司E-mail:bondesse@qq.com
联系电话:0086-578-6218356 传真电话:0086-578-6218326 邮编:323800
 总经理:叶帮伟 (手机:13967074359) 联系人:颜飞(手机:13967072199)